ホーム
リンク

中央区で歯医者をお探しなら、長堀橋、堺筋本町徒歩5分のたかはら歯科医院へお越し下さい。

アクセスマップ 堺筋本町駅より徒歩5分 ・「堺筋本町」駅 7番出口 徒歩3分
・「長堀橋」駅 1番出口 徒歩5分
カードによるお支払い 保険治療、自由診療など当院でのすべてのお支払いにクレジットカード(分割可)がご利用いただけます。 取扱カード
口腔外科
口腔外科とは? 歯科で治療するのは、虫歯と歯周病に起因するものに大別されますが、これら以外にも口の中や顎には様々な病気が起こります。 例えば、親知らず・顎の痛みなどです。「口腔外科」とはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、主にこれらの病気を診断、治療をいたします。

親しらず 親しらずは、完全に生えていてしっかり咬んでいたら問題はないのですが、斜めや横に生えていたり、歯の上に歯肉が被っていたりする場合は歯と歯肉の間に細菌が繁殖して体の免疫が低下した時に腫れ、智歯周囲炎を引き起こし激しく痛むことがあります。
また、炎症ではなく親しらずが、虫歯になって痛みだす場合もあります。
親しらずを抜くのはやっぱりこわいし、どうやって抜くのか、痛いのかなど不安がたくさんあるかと思います。
下図で抜歯の必要性について解説していますので、参考にしてください。
この状態の方は、トラブルさえ起こしていなければ抜歯をしなくても大丈夫です。
将来、ブリッジの支台歯や移植用に残せば財産にもなります。
放置しておくと、前の歯が根元で虫歯になり神経をとらないといけなくなったり、最悪抜歯になる事もありますので この状態の親知らずが生えている方は早めに抜歯をお勧めします。
見た目も歯茎の中や骨の中にうまっている為、レントゲンを撮るまで解りません。
手術も大変になるので、隣の歯に悪影響を及ぼす場合のみ抜歯をお勧めします。

顎関節症 顎関節症とは、顎の噛み合わせの不具合により、顎が痛んだり・口が開きにくいといった口の症状に始まり、頭痛・肩こり・耳鳴りなど全身にも症状がおよびます。
口が大きく開かない方、口を開ける時に音が鳴る方、顎の関節が痛むという方は顎関節症の可能性があります。
顎関節症の治療は、マウスピースを使って噛み合わせを調整します。抜けた歯や補綴物(詰め物・被せ物)などが噛み合わせに影響を与えていることも多いので、被せ物を作り直したりして噛み合わせを調整します。